いまの時期、年齢だから表現できること


昨年以来のコロナ禍で、生活や社会のあり方は大きく変わりました。

 

空堀ことば塾も、一年は踏ん張りましたが、今年の三月末にて教室を閉じ、こどもと大人向けのオンライン講座とシュタイナー教育の出張講座を二柱に活動しています。

 

それゆえ、自宅に滞在する時間が増えました。大学生の二人の娘はともに下宿しているので、自宅には夫婦二人と猫一匹。ことばにまつわる仕事を除くと、自炊と散歩と読書と山登りが日課になった、平穏な生活を送っています。

 

教室運営と対面下でのこどもの教育には、当たり前ながら相当のパワーがいりますし、その分やりがいがあります。でも、いまは、この生活を楽しみながら、その分、アイデアを広げたり、心に浮かぶ記憶や感情やイメージを大切にしたいと思います。

 

空堀ことば日記は、空堀ことば塾を立ち上げたときにはじめた、ことばをテーマにした日記。「言葉」でなく「ことば」と漢字にしていないのは、「読み書くこと」よりも「聞き話す」こと、つまり身体性や社会性を大切にしたいとう意思の表明だったのですが、その考え方には今も変わりはありません。

 

ただ、聞き話すことの学びに注力した分、読み書くことへの意識を、敢えて抑えようとする無意識も働いていたように思えます。ことば塾を立ち上げて16年、齢はなんと58歳となりました。こども時代を考えると気の遠くなるような年齢です。でも、このような年齢だからこそ、いろいろな意味で中立的に、またバランスをもって、自分に向き合えるようにも思います。

 

もともと、ヤフーブログで「空堀ことば日記」を書いていましたが(現在はAbemaに移動)、これからは「新・空堀ことば日記」と改めて、ことばをテーマに、心に浮かぶイメージ、心象を自由に書き留めたいものです。

 

ブログから出発し、その後、FBへと幅を広げながら、みずからの経験したことや感じたこと、考えたことを表現してきました。FBはより広くつながるためにはいいメディアだと思いますが、その分、文章の長さは短くなりますし、万人にわかりやすくしようと内容が平板になる(読み手に媚びる)恨みもあります。

 

ですから、こうして、読む人もあまりない、ウェブの隅っこに、どちらかというと自分のために、やや内省的でマニアックなことばを記すのも、ありかなと思います。写真抜きで文章だけで。でも、これが、だれかの目に触れて、その人の心の中に密やかなさざ波がたったとしたらうれしいです。そして、そのさざ波の片鱗を、コメント欄に記していただけたらなおうれしいです。

 

真実は細部に宿るのだから。